在籍確認を省略できる!消費者金融のカードローン

社会保険に加入していれば在籍確認を省略できる

カードローンの契約には、在籍確認が必要となります。安定した収入があるかの確認でもありますが、銀行系カードローンでは、ほぼ確実に勤務先に在籍確認の電話があります。パソコンやスマートフォンからの申し込みだけで契約でき、在籍確認不要の銀行系カードローンも登場していますが、まだまだ少数派です。もちろん消費者金融カードローンでも在籍確認は必要ですが、省略できることがあります。ただし、条件を満たしている場合に限られます。まず、会社員で社会保険に加入している場合です。国民健康保険証は身分証にはなりますが、働いている証拠にはならないので、在籍確認には使えません。しかし社会保険は、会社員が必ず入らなければならないので、社会保険の保険証があれば在籍確認は不要となります。

会社発行の給与明細でも在籍確認の省略は可能

社会保険の保険証がない場合でも、在籍確認の省略は可能です。その際には、会社発行の給与明細が必要となります。会社員や派遣社員、フリーターといった給与所得者は、勤務先の会社から給与明細が発行されます。働いていなければ給与明細は発行されないので、この給与明細が働いている証拠と収入があることの証明となります。そのため、給与明細書のコピーを提出することで、在籍確認の代わりとなるのです。在籍確認なしで契約できる消費者金融のカードローンは、職場や同僚に借金のことが知られないので、とても便利です。しかし、取り立ての規制がない違法業者の場合もあるので、金利や契約内容などを正しく理解してから利用することが大切です。

© Copyright ATM Card Usage. All Rights Reserved.