取引状況によって金利優遇あり!銀行カードローン

銀行のカードローンは取引きがない人でも利用可能

カードローンを選ぶ時、まずは審査に通過しやすい消費者金融にすべきか、それとも審査へのハードルが高めだけれども金利が安い銀行を選ぶべきか、2つの選択肢があります。金利が多少高めでも即日融資を希望するのなら消費者金融も良いですが、金利は少しでも安い方が無駄な出費を避けることができるため、銀行を選ぶのがお勧めです。銀行の場合も一定の収入があり、過去の借金で返済遅延をしたことがある、金融ブラックなどの状態でなければ大半の場合が審査に通過できるケースは多いのです。尚、銀行の中には取引がない場合にはカードローンの申し込みと同時に口座を作らなければならないところもあるので、申し込みの条件についてしっかりとチェックしておきましょう。

給料の振り込み先や住宅ローンの利用者

銀行のカードローンの魅力は金利が安い点です。この金利は僅か0.1%でも総支払い額が大きく変わりますし、利用額が大きければ大きいほどその差額は大きな額になります。銀行のカードローンには金利の優遇を受けることができるケースも少なくありません。金利の優遇を受けることができる条件は様々ですが、給料の振り込み先指定金融機関、公共料金の自動引き落としで利用している金融機関、マイホーム購入資金を融資して貰っているなどがあります。店頭公開金利よりもマイナス0.3%前後の金利優遇になることが多く、これからカードローンの申し込みを検討している人は、自分が現在利用している銀行で金融優遇サービスの有無を確認しておくとお得な利用ができます。

© Copyright ATM Card Usage. All Rights Reserved.